春の新入荷 " 価値のあるもの”

 

春のファッションが楽しくなる季節が到来しました。弊社では独自の視点により、世界中から” 価値のあるもの ”を探しだし、ご案内させて

頂いております。ものの価値とは、デザイナーのアイデアが最良の形で実現する事。妥協無きプロダクションプロセスを経て生み出されている事。そしてそれが他にないオリジナルであり、その物自体がタイムレスの価値を有し、所有者のFUNをかき立ててくれる事だと思います。今回はそんな中から、ものに視点を置き2種類の”価値のあるもの”を紹介させて頂きます。

 

CAROL CHRISTIAN POELL ONE PIECE DRIP RUBBERED SNEAKER

 

言わずと知れたCAROL CHRISTIAN POELLの代表作の一つであるドリップラバーのシューズは、軽量で丈夫なカンガルー素材を用いてラ

バ ー素材が有するウェイトをバランスさせた。一枚革のアッパーにクロージャー部分は酸化させたアイレットにウーブンシューレースが規則正しく道をつなぐ。アッパーのトップ部分はトライアング状のパーツで形成され力学的ロジックを見事に融合させた。

 

足首の部分はクッション材がパッディングされウォーキングの際のショックを軽減する。また内側部分にはメッシュ材のパーツが使用され、通風 効果を発揮する。ラバー部分は一足毎にハンドドリップされる。カラーリングに関しては、オブジェクトダイという独自の手法による製品染めで仕上げられおり、他にはない独特の風合いが特徴だ。一足一足丁寧に仕上げられ製作期間は約1年を有する。それでもこの普遍的価値を理解し待って頂くファンの方が多いアイテムである。

 

 

MUNOZ VRANDECIC LEATHER WATCH CASE AND WATCH

 

MUNOZ VRANDECICの人気商品であるこのアイテムは、スペインでタンニングされたカーフレザーを用い真鍮の金具をパーツとして使用

し製作されたアイテムである。独自のなめしにより仕上げられたレザーは使えば使う程、使用者の腕に馴染みパーソナライズされていく。最低限のステッチと丁寧な使用は職人の成せる技。時計部分は、収集家でもあるミゲールが、一点一点吟味し、ベストな懐中時計を内装する。

特別なものをデイリーに使用してほし逸品だ。

 

 


商品のお問い合わせは下記店舗までお願い致します。

                                                     

 

Lift etage

東京都渋谷区代官山町20-20 モンシェリー代官山 3F−2

電話:03-3780-0163 Email : etage@lift-net.co.jp

 

 

 

back